日本酒を愛する人へ、美味しい日本酒とその酒を造る蔵元情報を紹介する酒肴(趣向)をこらしたブログ
--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.07.13
毎日、本当に蒸し暑い日が続いて
おりますが、いかがお過ごしでしょうか?
今日も名古屋は朝から雨が降ったりやんだりとスッキリ
しない天気でした。

ちまたでは、天気の良い日と悪い日の気温の温度差から
体調を崩されている人も多いと聞きます。
くれぐれも体調には気をつけて、みんなで
日本酒を飲んで鋭気をやしないましょう!!

そんなわけで、本日は先週の土曜日に私の行きつけの
炭火割烹 わらじんさんで開催されました「大信州」酒の会
の報告を行ないたいと思います。


今回、わらじんさんで行なわれました日本酒の会に美味しいお酒を
持ってきて頂いた大信州酒造さんは会社名が物語りますように
長野県松本市に蔵をかまえます蔵元さんで、当日は
製造部長さんが見えられましていろいろと詳しいお話を聞くことが
できましたのでいくつかお話ししたいと思います。

大信州酒の会お品書き

その日のわらじんさんのお品書きです。

そのお品書きの料理ごとに、大信州酒造さんから
より料理を引き立ててくれる日本酒が全部で6種類も
用意されており、当然大満足の一言だったのですが、
本日は、そのうち前半の3種類をご紹介したいと思います。

最初に出て参りましたお酒は、乾杯と合わせて食前酒としても
楽しんでもらいたいと言う、蔵元さんのねらいから
純米吟醸発泡にごり酒(生)
振る舞われました。

大信州純米吟醸発泡にごり酒生

最近はやりの発泡系微炭酸のお酒で、瓶の中で二次発酵している
ことから、いきなり栓を抜くと吹き出してしまうことから
アイススピックで穴をあけてある程度ガスを抜いてから
注がれる光景がとても印象的で、味わいはとてもフレッシュかつ
華やかな香りも合わせ持つ、食欲のそそるお酒でした。


そして、2番目に出てきたお酒は蔵元が今年仕込んだ
いわば自信作とも言うべきお酒で、
ネーミングはずばり「夏のさらさら純米大吟醸(生)」です。

夏のさらさら純米大吟醸

正直、こちらの大吟醸は本当に自分でも恐ろしくなるくらい
美味しく、そしてまた出て来る料理(八寸及び造り)との相性も
抜群に良かったことから、スイッ、スイッと飲めてしまう
本当に美味しいお酒でした。
口当たりは柔らかく、大吟醸の特徴とも言えるフルーティーな香りも
適度に楽しむことができるお酒で、生ということもあり、
フレッシュな瑞々しさも感じることができるものでした。

自分としてはもうこの時点で大満足でしたが、

そんな幸せな気分のところに3番目に登場致しましたのは、
これまた、蔵元が自信を持って薦めるお酒「大信州 辛口特別純米」です。

3番目に特別純米酒を用意するところがなかなか
面白いと同時に蔵元の自身のお酒の出来に対する自信の表れのようなものを
利き酒師としては感じました。

なぜなら、特別純米酒は酒本来の旨みがよくわかる酒であり、
米本来の味わいも楽しむことができます。
2番目に大吟醸で華やかな香りと上品な味わいを楽しんでもらい、
3番目に特別純米酒を飲んでもらい、ドッシリとした酒本来の味わいをみてもらう。
一見、何でもないことのように見えますが、
提供する側としてよほど、自信がないとできるものではないと思います。

今回、私はこの辛口特別純米酒を「冷や」と「ぬる燗」両方を味わいましたが、
大吟醸にはないキリッとした飲みあとの良さも印象的な軽やかながらも、
味わいがしっかりと楽しむことができるお酒でした。
また辛口でキリッとした飲みあとからも口の中が引き締まったような感じを受け、
メインディッシュの料理を食べる用意が整ったような雰囲気になり、
改めて、蔵元のお酒の出す順番や薦め方に関心をしてしまいました。
(まだまだ、利き酒師としては未熟なところがあるのでこの日は
 本当に勉強になりました。)


まだ報告の途中ではありますが、今回は報告内容が多く長くなってしまうことから、
本日は前編ということで、後編はまた明日にでも皆さんにご案内したいと思います。
明日、また楽しみにして頂ければ幸いです。

ではでは、




スポンサーサイト

テーマ : お酒全般

ジャンル : グルメ

検索フォーム
カレンダー
06 | 2010/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。